パウロの回心

パウロはもともと厳格なパリサイ派のユダヤ人で、イエスを迫害する立場だった。しかしダマスコの道の途中で復活したイエスに出会うという神秘体験を通じ、回心する。
僕自身も、もともとキリスト教において、占星術や占いは忌み嫌うべきものであるということは知っていたし(ゆえに学問としての心理学などを援用しながら、なるべく判断占星術な要素を廃そうとしてきた、しかし「技による救い」をベースにしていて、福音を伝えていないという段階で、結果的に根本からこれは間違っていた営みといえる)、かといってキリスト教はどこか敷居が高いと感じて、ずっと様々な宗教が混交しあったシンクレティズム宗教であるところのニューエイジの文脈の中で生きてきたが、マンデラエフェクトやこれまでの様々な経験を通じて、「ニューエイジ的な思想こそ人や世界を救う」という基本的な認識が、間違えていたことがよく分かった。「福音こそが、人を救う」のだ。

 

こうした父と子と聖霊の三位一体に基づかない、多神教、偶像崇拝的な集団的他力救済教理は、必ずといっていいほどサタンがつけいることになるのだ。どれだけ注意深く愛をもって伝えているつもりでも、多神教、偶像崇拝的、集団的他力救済論である以上、構造上、それは絶対に避けられない。三位一体論に基づかない救済論的神学は、誰がどう伝えようがは全く関係なく、構造上、必ずカルト化する傾向を持つのだ。つまりそもそもの神学としてのシステム的な欠陥だといえる。これは、グノーシス主義神学(神智学)を学んだうえで、キリスト教神学を学ぶと本当によくわかる。

 

パウロはコリント信徒への手紙の中で、自分の神秘体験などについて語る。しかし、「自分自身については、弱さ以外には誇るつもりはありません。 仮にわたしが誇る気になったとしても、真実を語るのだから、愚か者にはならないでしょう。だが、誇るまい。」「キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。 」と語る。また、自らのことを、教会を迫害したものとして、「使徒と呼ばれる値打ちのない者です。 神の恵みによって今日のわたしがあるのです。」と言い切る。

 

パウロの誠実に悔い改める姿こそ、キリスト者の規範であると思う。自分自身もニューエイジ文化を歩んできたことを悔い改め、福音を伝えていけるように頑張っていきたいと思う。

 

「わたしは、神の教会を迫害したのですから、使徒たちの中でもいちばん小さな者であり、使徒と呼ばれる値打ちのない者です。 神の恵みによって今日のわたしがあるのです。そして、わたしに与えられた神の恵みは無駄にならず、わたしは他のすべての使徒よりずっと多く働きました。しかし、働いたのは、実はわたしではなく、わたしと共にある神の恵みなのです。」
??コリントの信徒への手紙一? ?15:9-10? ?新共同訳??

 

「わたしは誇らずにいられません。誇っても無益ですが、主が見せてくださった事と啓示してくださった事について語りましょう。 わたしは、キリストに結ばれていた一人の人を知っていますが、その人は十四年前、第三の天にまで引き上げられたのです。体のままか、体を離れてかは知りません。神がご存じです。 わたしはそのような人を知っています。体のままか、体を離れてかは知りません。神がご存じです。 彼は楽園にまで引き上げられ、人が口にするのを許されない、言い表しえない言葉を耳にしたのです。 このような人のことをわたしは誇りましょう。しかし、自分自身については、弱さ以外には誇るつもりはありません。 仮にわたしが誇る気になったとしても、真実を語るのだから、愚か者にはならないでしょう。だが、誇るまい。わたしのことを見たり、わたしから話を聞いたりする以上に、わたしを過大評価する人がいるかもしれないし、 また、あの啓示された事があまりにもすばらしいからです。それで、そのために思い上がることのないようにと、わたしの身に一つのとげが与えられました。それは、思い上がらないように、わたしを痛めつけるために、サタンから送られた使いです。 この使いについて、離れ去らせてくださるように、わたしは三度主に願いました。 すると主は、「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」と言われました。だから、キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。 それゆえ、わたしは弱さ、侮辱、窮乏、迫害、そして行き詰まりの状態にあっても、キリストのために満足しています。なぜなら、わたしは弱いときにこそ強いからです。」
コリントの信徒への手紙二 12:1-10 新共同訳

 

「わたしは福音を恥としない。福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシア人にも、信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです。」
ローマの信徒への手紙 1:16 新共同訳

 

メルマガ ブログ