メイヴン・コネクター・セールスマン

これからの時代、確実にクリスチャニティが広がっていくのは、こういったマーケティングの本からも明らかである。マルコム・グラッドウェルは、口コミの伝播の仕組みをに明らかにしたが、「インフルエンサー」という言葉を作ったのも彼。インフルエンサーには三種の人物像があり、メイヴン(データーべース的な役割を果たす人)、コネクター(浅く広く人をつなげていく人)、セールスマン(分かりやすく伝える人)とがある。3種の人物像によって成り立つ少数のインフルエンサーによって、ティッピングポイントというある段階を超えることで、一気に口コミが広がるという理論を作った。メイヴンとは神学者のことであるし、コネクターとは超教派の活動をしている人たち、セールスマンは宣教師ということ。つまり、この3種の人がエクレシアで集い始めることで、ティッピングポイントを超えると一気に日本中に広がっていくだろうということが容易に想像がつく。

急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則 (SB文庫) マルコム・グラッドウェル

https://www.amazon.co.jp/dp/4797338121/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_8IKvDbFD128D8?fbclid=IwAR2oYXF1tA4n0ocYBrQ7Q3m1hDSkrRPLJ5e3XisomU4dzOPVo_-al8nh4ow

カテゴリー: 未分類 パーマリンク