超教派的なエクレシア

超教派的な動きを見れば、決してキリスト教が、日本人がよく考えるような律法主義的な組織宗教ではないことがよく分かると思うのだが。このあたりは今後も引き続き、自分の活動を通じて証していきたいと思う。教会は決して建物ではない、エクレシアという人の群れである。「エクレシアよ、街へ出よう」、日本宣教において、このスピリットが非常に大事だと思う。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク