日本人が持つ「信仰告白」への恐れ

やはり日本人が宗教と聞いて感じる、根底にある恐れは、「信仰告白」という文化のなさなんだなと思う。律法主義的な組織宗教への嫌悪感とよくいわれるが、むしろ日本人こそ集団行動に馴染みやすく、会社や学校というある種の律法主義的な組織宗教にはしっかりと馴染めるわけで、むしろそれよりも集団の中で、「個人的な信条」を表現して、他者とのコミュニケーションがうまくいかなくなることをイメージする恐怖心の方が、本質的なリアリティがあるのだと思う。

どんな人でも、宗教的な信条を持っていない人はいないわけで、しかし異教徒を前提としない日本の教育の中で、自分の宗教的な信条をメタ認知して、言語化するトレーニングを受けてきていないことは非常に重要なポイントなんだと思う。
多くの場合日本の宗教的信仰形態は、「里山自然崇拝」であって、決して仏教や神道という宗教的神学が、揺るがない核にあるわけではない。逆に言うと「里山自然崇拝」という側面においては、ほとんどすべての人がぶれずにこの信仰を保っているともいえるし、ある意味日本人の信仰は、「里山自然崇拝」というある種の一神教であるともいえる。
ジブリの多くの作品世界で描かれる宗教観こそまさにこの「里山自然崇拝」だ。このあたりのことを、明治のクリスチャン内村鑑三はよくわかっていたからこそ、「無教会主義」や「天然という教会」という概念を生み出したのだと思う。彼自身が信仰告白や福音伝道をしていく中で、日本人の一般的な宗教観をメタ認知していった結果、そのことに気づいていったのだと思う。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク