マンデラエフェクトという徴と、日本的な信仰形態のパラダイムシフト

日本人は非常に信仰深いので、一度明確な徴が個人的に示されると、一気にそちらに移動することはそこまで難しいことではない。ニューエイジがここまでひろがったのも、要は個人的な徴(神秘体験)がそこにあったからだ。そこで大事なことは、一神教の枠組みの中でしか証明できない徴があった時こそ、日本人の宗教観の大きなパラダイムシフトになりうるということ。創造主が現実をクリエイトしている、自分はあくまで被造物でしかないというインパクトを、マンデラエフェクトは与えてくれる。圧倒的な主の臨在をまさにそこに感じることになるのだ。しかもこれが全て聖書の中にしっかりと預言されているということ、しかも、自分が確かにイエス様の十字架での死と3日後の復活を疑わず、信じていたという事実にも、ぶち当たることになる。そういう徴を、主は分かりやすく啓示してくださっているのだと思う。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク