マンデラエフェクトと聖書的信仰の深い関係性について

やはりどう考えても、マンデラエフェクトと、聖書とは深く関係している。マンデラエフェクトを認識できる人は、日本的なノンクリスチャンであっても、十字架の贖いを知っている&信じている人が多いし、日本人にも分かる汎神論的な世界の枠組みの中で、創造主が、聖書の世界に召してくださっているとしか思えない。確かに日本人の信仰である汎神論的な世界から、ヘブル的な一神教へのシフトは途方もない溝があって、ここを埋めるには、徴を通じた、パラダイムシフトが必要なんだと思う。牧師の先生に、「なんのためにこれが起きているのだろう、その主の意図は何だろう?」と聞かれたのだが、おそらく日本人の汎神論的な世界から、キリスト教の一神教的信仰形態へのジャンプのために、必要な徴だったのではないかと、研究すればするほど強く実感する。すくなくとも、日本の場合は、教会に通うクリスチャンではなくても、かなりの割合で、ミッション系の教育を受けた人だったり、何かしらの縁で聖書の世界を知ることがあったなどで、実際にはイエス様の十字架の死と3日後の復活を知って、懐疑的にならず、信じている人はかなりの数存在する。日本人の場合そもそも、汎神論なので、3日後の復活を「疑う」ということも、あまりない。「信じ」てさえいれば、救われる。それが信仰義認の本質だ。そこはすんなりと受け入れられるのが日本人的な冷静だともいえる。まずは、そういう方々をこのマンデラエフェクトという徴を通じて、主は信仰へと召されているのではないかと感じざるを得ない。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク