信を共有する時代

やはり情報やスキルや経験をシェアする時代から、信を共有する時代に移っていくね。これは背景としては確実にVR、AI、5Gといった技術が関係している。もはや情報やスキルや経験は全てオンラインにアップロードできる時代になってきた。つまり情報やスキルや経験における、情報の非対称性はこれからの時代大いに無くなっていく。それに取って代わって、信を育み、共有するミニストリーが今後の時代を開く鍵になると思う。
言葉(facebook)→映像(Instagram)→体験(VR技術に基づくSNS/AIの自動同時通訳による言葉の壁の消失)という形で今後人類のシェアリングテクノロジーは進展していくと思う。言語の壁を超えて、なおかつ体験をそのまま記録できるようになっていくと、もはや情報の非対称性よりも、信をいかに共有するかのほうが社会的な価値を生み出すものになっていく。むしろ知に重きをおけば置くほど、技術の発展に伴いさらにエコーチェンバー化は進むので、知の共有というパラダイムは自ずと自己崩壊していくことになると思う。

あとそもそも情報やスキルや経験をシェアできて、それを社会的な価値へと転換できる人はそもそも限られている。つまり必ずエリート主義に陥ってしまう。信を共有し、育むミニストリーは、聖書の御言葉をベースに形成されていくので、こうしたエリート主義に陥ることはない。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク