イエス様に出会うことを求めることが大事

聖書を読もうとして挫折する人の共通の理由がだんだんわかってきた。聖書を読むことを学校の勉強か何かだと思っていて、肝心の「イエス様に出会う」ことを求めることが、すっかり抜け落ちてしまっていること。イエス様は、今も生きておられて、聖霊を介して全ての信徒に働きかけている。「求めよ、さらば与えられん」という有名な聖句は、まさにこのことを示している。イエス様との出会いを求めていないのに、与えられることは決してない。聖書は勉強するものではなく、正確には御言葉を通じて、主イエスキリストと出会うものなんだということは、非常に強く強調しておきたいことだ。

「そこで、わたしは言っておく。求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。 だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。 あなたがたの中に、魚を欲しがる子供に、魚の代わりに蛇を与える父親がいるだろうか。 また、卵を欲しがるのに、さそりを与える父親がいるだろうか。 このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして天の父は求める者に聖霊を与えてくださる。」」
‭‭ルカによる福音書‬ ‭11:9-13‬ ‭新共同訳‬‬
https://www.bible.com/1819/luk.11.9-13.新共同訳

カテゴリー: 未分類 パーマリンク