敬天愛人

信仰が深まると、いろいろ腹も座ってくるね。さらに深く主と隣人を愛していこうと思う。

ようは自分の賜物をいかに主と、兄弟姉妹に、捧げられるか。ここに尽きるのだと思う。人間はここに恐怖心を持っていて、安心領域を超えるということは、主への信仰を深め、行いを通じて主の栄光を証していくことなんだと思う。

  正直、福音宣教は、パーソナルミニストリーじゃないと難しいところがあるね。もうこれは自分を捧げ切るしかない。全焼の生贄になって、自分を燃やし尽くそう。これしか今の時代を救う方法はないね。

主を信頼する心をしっかりと育むこと。これがすべての基本だね。敬天愛人とはまさにこのこと。

主の御名においてお祈りいたします。アーメン!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク