時の終わりとマンデラエフェクト

創造主とは時間を創造した方であり、それは同時に、時間を超越したお方であるということ。キリスト教神学において、創造主(父なる神)と、イエスキリスト(御子)と、聖霊は、三位一体の神。聖書の中でははっきりと「時の終わり」について啓示がある。

今おられ、かつておられ、やがてくる方。

ヨハネの黙示録‬ ‭1:8‬

わたしはアルファであり、オメガである。

ヨハネの黙示録‬ ‭1:8‬

これはまさにマンデラエフェクトが示すように、時間という被造物を造った、人格を持った創造主を示しており、無論、三位一体の一つの位格として、主イエスキリストのことを指している。

「すべての人の目が彼を仰ぎ見る」という御言葉通り、多くの人がまさにこの時間という被造物が創造主の御手によって造られた被造物であるという徴を、マンデラエフェクトを通じて、体験し始めていることになる。

日本的な信仰形態である汎神論や、科学がその背景としている理神論においては、どうしても「創造主」というフレームが理論上存在し得ないため、「パラレルワールド」という形で表現せざるを得ない。

また汎神論をベースにしたニューエイジ 的な信仰においては、「自分の意識の振動数が変わったことで、別の歴史を持つタイムラインに移動した」というように理解する。

しかし、実際のところ今歴史上起きてきているのは、天動説から地動説へのコペルニクス転換のような形で、汎神論から、唯一神論への移行が起きつつあるということではないだろうか。

理論上、計算上は、天動説も地動説もいずれでも矛盾は生じない。しかしその背景にある思想や信仰は全く別のものである。

すべての人が彼を仰ぎ見る

ヨハネの黙示録‬ ‭1:7

確かに多くの人がマンデラエフェクトを体験し始めているし、数学的に考えれば、ある一定の閾値を超えたこれからは、その体験者数は指数関数的に増加していくはずなので、来月の中頃にはさらに多くの人々が気づき始めるのではないかと思う。というのも、2017年3月に「北海道の形を見ていなさい」というメッセージを受け取った後、数週間後に、北海道が見る見るうちに大きくなっていった。そして、次々とマンデラエフェクトが起こり始めた。こうした話をどれだけ真剣に人に伝えても、相手にされなかった。約2年半の間は全くと言っていいほどこの話は通じなかった。あまりに仰天の体験に、半年は、メルマガもブログもかけなかった。マンデラエフェクトを初めて体験して後、半年後のブログを読んでいただければ、いかに僕が混乱していたかがわかると思う。(当時は占い師/ニューエイジャー)

実際に主からは、「2019年前半に死者が蘇る地球になる」というメッセージを一貫して伝えてくださっていたからこそ、忍耐強く、いつかこの2年半続けてきた研究が、誰かの役に立つ、救いになるはずだという思いを持って、孤独の中でも自分を保つことができた。マンデラエフェクトを体験し始めている方は、考えてみてほしい。この体験がだれにも理解されず、2年半も、耐え抜いて、研究してきた孤独を。いつか誰かの役に立つはずだという愛と希望がなければ、難しかった。

しかしようやく数学的に言うと「指数関数爆発」についに差し掛かってきた。主からの2019年前半に「死者が蘇る地球になる」というメッセージの通りに、やはり2019年6月以降、明らかにtwitter上でのマンデラエフェクトの言及が増えてきたのだ。そしてその数は、日に日に増えつつある。わずか3か月の間の沸騰したお湯のような急激な変化は、この2年半の無音、無風状態だった様子と比べて大違いだ。

また、 ちょうど僕自身が洗礼を受けたのも、2019年6月だった。受洗して気づいたが「死者が蘇る地球になる」とは、まさに死と復活を象徴するバプテスマ(洗礼)のことでもあったのだ。

オーストラリア大陸を動かしたのは、自分の意識か?それとも、創造主か? それともCERNなのか?

果たしてどういったパラダイムが、人を謙遜な心にさせるのだろうか?

ここに僕自身が、占い師やニューエイジャー(いわゆる「スピリチャル」)としての人生を全て捨てて、イエスキリストを「我が主」として受け入れた「クリスチャン」になった理由がある。

もし自分の意識が現実を作るのだとすれば、自分は神だということになる。周りも神となり、それぞれ別々の現実を作るのだから、もはや互いに気にすることは無く、気に入った人とだけ付き合えばよいということになる。価値観の合わない人や出来事に対しては、我関せずの「スルースキル」を身に付ければよいのだろう。しかし、これがそもそも格差社会から階級社会へと移行しつつある「社会的無関心」によこたわる思想ではないだろうか?富める者は富み、貧しきものは貧しくなる?それで本当にいいのだろうか?いや、いいわけがない。

しかし聖書は、そうではなく、自分を造った創造主がいると教える。そして忍耐強く、常に深い愛を持って見守っていてくださる。ただただ哀れみの心を持って、一人でも多く救われるために、2000年も待っていてくださっている。日々の私たちを見守っていてくださる。そして、創造主の御子であられるイエス様は、「汝の敵を愛せよ」「右の頬をぶたれたら、左の頬を差し出しなさい」とおっしゃって、迫害するもののために祈り、自らの生命を屠るまで、どんな時でも「非暴力」を守り抜かれ、生き切った。そして、自ら進んで、私たちに「永遠の生命」を与えるために、自ら進んで最も過酷で、唯一無二の「霊的儀式」を執り行った。そして、さらにそこから、創造主が、アダムを造り出したその御業と同じように、自らの肉体を死から生へと再び創造なさった。そして自らが創造主であることを、示された。この途方もない恵みの愛にあずかって、果たして人は傲慢であれるだろうか。

キリスト教は決して、日本人が思ってきたような「宗教」ではない。あくまで最初から最後まで、イエス様との「個人的な関係性」にこそ信仰の本質がある。イエス様は今も生きておられて、私たちが想像もしえないほどの大きな愛で常に見守っていてくださっているのだ。感情的に憎いのであれば、キリスト教という人間の作った組織は、気のすむまでいくら罵倒してもいいと思う。イエス様ご自身はそんなことは気になさらない。ただただ「汝の敵を愛せ」「自らを憎み、迫害するもののために、祈れ」とおっしゃる方なのだ。そのイエス様の愛に救われたからこそ、自らも「汝の敵を愛すること」「自らを憎み、迫害するもののために、祈ること」を決意した人々が、真のクリスチャンなのだ。

パラダイムが変わることで、今まで見えていなかった真実が見え始める。

「見よ、その方が雲に乗って来られる。すべての人の目が彼を仰ぎ見る、/ことに、彼を突き刺した者どもは。地上の諸民族は皆、彼のために嘆き悲しむ。然り、アーメン。 神である主、今おられ、かつておられ、やがて来られる方、全能者がこう言われる。「わたしはアルファであり、オメガである。」

‭‭ヨハネの黙示録‬ ‭1:7-8‬ ‭新共同訳‬‬
カテゴリー: 未分類 パーマリンク