陰謀論とマンデラエフェクト

SNSは、エコーチェンバー化していく時代。最初にマンデラエフェクトがバズり始めたのは、すでにここ数年の流れの中で(おそらく原発事故以来)陰謀論をテーマにして自然発生的に形成されていたいたエコーチェンバーのコミュニティ内部において。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/エコーチェンバー現象
陰謀論を語っている方は共通して、社会悪を正し、弱い人のために巨悪と戦うという共通項があって、個人的にDMなどで話すととても礼儀正しく、思いやりが深い方が多いと感じる。他者や社会を思う心がなければ、こうはならない。いわゆる義憤なんだと思う。
また、本質的には陰謀論を語る方は、霊的なサタンを筆頭にする悪霊たちの軍勢の計画を感じているのだと思う。そうした諸霊の働きを観察していくと、もちろんその霊に動かされている組織や、宇宙人などの人間ではない存在なども見えてくることになる。
サタンは実際に存在するし、悪の諸霊というのは決して人としての形を持たない霊的な存在。そういう存在は元に存在する。無論、クリスチャンや教会自体もこうしたサタンや悪霊からの攻撃は常に受けている。こうしたものに立ち向かう時、大事なのは、汝の敵を愛せよという愛。右の頬を打たれたら、左の頬を差し出しなさいという愛。しかしこれは御言葉があってのこと。人というのは愚かなものなので、御言葉に依らなければ、すぐに血肉の争いになってしまう。

「わたしたちの戦いは、血肉を相手にするものではなく、支配と権威、暗闇の世界の支配者、天にいる悪の諸霊を相手にするものなのです。」
‭‭エフェソの信徒への手紙‬ ‭6:12‬ ‭新共同訳‬‬

諸悪というのは決して人の形を取っていない。まして人間そのものではない。悪の根源が、人の罪にあり、その罪をもたらした存在が霊的な存在であるということがわかると、陰謀の背景にあるものも見えてくると思う。
そういえば僕も大学時代にどっぷりと陰謀論にはまった。陰謀論はある種のオカルト的世界に入る際の入り口になっているのだと思う。そしてその後に霊的な世界が確実に存在していることを実感し、政治学はもちろんのこと、諸宗教や哲学、オカルトの世界に入った。12年占い師をやって、最終的に聖書に行き着いた時に感じたことは、結局のところ、他者を思いやる愛が自分の人生を狂わせず、正しい方向に連れて行ったのだと思う。たとえ間違えた方向に進んでも、常に聖霊の働きを通じて、正しい方向へと正してくれた背景には常にイエス様がいたことに気付くのだ。それは僕自身の人生がいかに主にあって罪を赦されているのかを通じて証できることだ。主の御名においてお祈りします。アーメン!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク