イエス様を信じない方は、どうかわたしをキリスト者として裁いてください。

これまでの日本の歴史において、数多くのクリスチャンが迫害され、殺されてきた。しかし決してクリスチャンは、そのことを恨んだりはしない。むしろイエスキリストの御名において、キリスト者として迫害を受けるほどに、信仰の喜びの中に生きてきたのだ。キリスト教を裁くならば、ぜひ僕を裁いてください。主の御名において、どこまでも喜びと、愛を持って受け止めます。どうか私がイエス様を信じない人によって大いに裁かれることによって、主の御名が地の果てまで、知られるようになりますように。アーメン。


「そして、どんなことにも恥をかかず、これまでのように今も、生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストが公然とあがめられるようにと切に願い、希望しています。 わたしにとって、生きるとはキリストであり、死ぬことは利益なのです。」

フィリピの信徒への手紙 1:20-21 新共同訳

カテゴリー: 未分類 パーマリンク