一人でも多く、イエス様の十字架(福音)を知ってほしい

一人でも多く、福音を知って、蘇って欲しい。それが今の原動力。

マンデラエフェクトを説明する際に、汎神論や理神論(科学)に基づく説明だと、パラレルワールドとなる。聖書に基づくと創造主、イエスキリストの御技となる。パラレルワールドは分離だが、イエスキリストは統合であり、また無償の愛である。ここに重要な違いが存在する。

マンデラエフェクトが僕の身に起こり始めたのは、2年半前。その間この現象を人に説明するために、いろいろな宗教哲学や、量子力学などの本を読み漁ったのですが、どれも難解すぎて「人に説明できる」ためには、不十分。最終的に行き着いたのが「聖書」でした。

「聖書」は「イエス様の十字架の贖い」を信じることで、その人の内側に聖霊が内住し、その働きによって読めるようになるもの。そして、知恵ではなく、信仰によって真実を理解できるようになるものなので、「全ての人」が理解できる体系です。マンデラエフェクトの答えはここに全て啓示されています。

僕は聖書に行きつくまで、この2年半、毎日起きている間中ずっと宗教・哲学・人文科学、東西古今の書籍を読み漁っていました。この2年半のような孤独を味わってほしくなく、思惟への奉仕をしたいと思い、また聖書の御言葉、そして、本質的にはイエス様の十字架について知ってほしいと活動しています。

聖書が素晴らしいのは、イエス様がすべての次元、周波数帯をとりなしてくださるので、汎神論だと「パラレルワールド」という名目で分断されていくほかの人との関係性を、すべての人と会えるようになるということ。「汝の敵を愛せよ」とは、別れたパラレルに、しっかりと再会できることを意味します。

「低いものは高くされ、高いものは低くされる」という基本的な姿勢が、何よりも、格差社会が、階級社会へとさらに悪化し、分断されていく日本社会の大きな突破口になると思っております。

「貧しい兄弟は、自分が高められることを誇りに思いなさい。 また、富んでいる者は、自分が低くされることを誇りに思いなさい。富んでいる者は草花のように滅び去るからです。」 ヤコブの手紙 1:9-10 新共同訳

カテゴリー: 未分類 パーマリンク