終わりの日の聖霊のバプテスマ ―天の上の水が降り注ぐ

ヨエル書の終わりの日に全ての人に主の霊が注がれて、死と復活を体験するって、まさに創世記の中で、天の上の水が落ちてくることや、その中での死と復活を示すノアの箱舟を鋳型にしているんだなと思う。構造的に考えても本当によくできているなと、聖書を学べば学ぶほど強く実感する。

つまり終わりの日にすべての人に注がれる主の霊とは、まさに天の上の水ほどのものになるということ。このイメージ、とても良い。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク