メッセージ

今日も教会でメッセージ。1ヶ月も経つとさすがに板についてきた(笑)
神の御言葉を証できることは、本当にありがたいことだよなと思う。主の御名においてお祈りします。アーメン。

Twitterでも発信しております。

8K

VRが現実とほとんど変わらなくなるのが、8Kになってから。まだそういう意味では完全な形で撮影機材(現在は4Kが主流)、編集機器(8Kリニア編集は非常に高価)、通信環境(5Gを待たなければならない)VRゴーグル(1画面2K対応必須)という意味でも、一般化するのはおそらく5年後くらいかな。それまではじっくりと成長していく領域だと思う。

レンダリング

VR映像の編集で、初めてAdobe Premiere を使った。4Kの映像になるので、レッツノートだとGPUが弱いので、レンダリングに結構時間がかかる。1時間半のVRで書き出しに、じっくりコトコト8時間。iPhone7Plusからだと4Kの書き出しに1時間程度だったから、GPUの影響ってものすごく大きいんだな。メモリーとCPUに関してはレッツノートのほうが性能が高いので、体感でよくわかる。

後のものが先になる

今後、ニューエイジ から、クリスチャニティ に入って行く人が増えていくと思うが、これはまさに「後のものが先になる」という御言葉通りになっていくと思う。これからクリスチャンになって行く人たちの勢いと聖霊の注ぎはとんでもないことになると思う。

「天の国は次のようにたとえられる。ある家の主人が、ぶどう園で働く労働者を雇うために、夜明けに出かけて行った。 主人は、一日につき一デナリオンの約束で、労働者をぶどう園に送った。 また、九時ごろ行ってみると、何もしないで広場に立っている人々がいたので、 『あなたたちもぶどう園に行きなさい。ふさわしい賃金を払ってやろう』と言った。 それで、その人たちは出かけて行った。主人は、十二時ごろと三時ごろにまた出て行き、同じようにした。 五時ごろにも行ってみると、ほかの人々が立っていたので、『なぜ、何もしないで一日中ここに立っているのか』と尋ねると、 彼らは、『だれも雇ってくれないのです』と言った。主人は彼らに、『あなたたちもぶどう園に行きなさい』と言った。 夕方になって、ぶどう園の主人は監督に、『労働者たちを呼んで、最後に来た者から始めて、最初に来た者まで順に賃金を払ってやりなさい』と言った。 そこで、五時ごろに雇われた人たちが来て、一デナリオンずつ受け取った。 最初に雇われた人たちが来て、もっと多くもらえるだろうと思っていた。しかし、彼らも一デナリオンずつであった。 それで、受け取ると、主人に不平を言った。 『最後に来たこの連中は、一時間しか働きませんでした。まる一日、暑い中を辛抱して働いたわたしたちと、この連中とを同じ扱いにするとは。』 主人はその一人に答えた。『友よ、あなたに不当なことはしていない。あなたはわたしと一デナリオンの約束をしたではないか。 自分の分を受け取って帰りなさい。わたしはこの最後の者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ。 自分のものを自分のしたいようにしては、いけないか。それとも、わたしの気前のよさをねたむのか。』 このように、後にいる者が先になり、先にいる者が後になる。」
マタイによる福音書 20:1-16 新共同訳

タイミング

クリスチャンとして召されたのは、色々絶妙なタイミングだったんだなとしみじみと思う。世の終わりのサインがすごい。

宗教的差別

キリスト教が嫌いといって、学生時代から大切に培ってきた人間関係を切ったり、無視をしたりするという人も多いが、結果的にそれもまたイエス様がその方にとって、無視できない存在になるということ。少なくとも身近な人間関係の中で宗教的差別をしたことで、長年培ってきた大切な友人を失ったわけで。属性によって人を差別することは、肌の色で人を差別することと大して変わらない。そういう方の中には学生時代熱心に、世界平和や、宗教的な対話の大切さなどを謳っていた人もたくさんいる。
しかし決して恨まない。右の頬を打たれたら、左の頬を差し出すだけ。なぜならその人にとってもまたイエス様は常にそばにいてくださるから。そういう人間の愚かさを全て霊的に贖ってくださったのが、イエス様の十字架での死と復活という儀式。この恵みがあるからこそ、クリスチャンは自分を迫害する人をも、愛せるのだ。決して自分の能力や努力ゆえではないということが大切。主の平和。アーメン。
「キリストを宣べ伝えるのに、ねたみと争いの念にかられてする者もいれば、善意でする者もいます。 一方は、わたしが福音を弁明するために捕らわれているのを知って、愛の動機からそうするのですが、 他方は、自分の利益を求めて、獄中のわたしをいっそう苦しめようという不純な動機からキリストを告げ知らせているのです。 だが、それがなんであろう。口実であれ、真実であれ、とにかく、キリストが告げ知らされているのですから、わたしはそれを喜んでいます。これからも喜びます。」
‭‭フィリピの信徒への手紙‬ ‭1:15-18‬ ‭新共同訳‬‬
https://www.bible.com/1819/php.1.15-18.新共同訳

鋳型

旧約聖書のダニエル書の中にも、イエス様は現れる。ディズニーランドの「隠れミッキー」のような感じで、旧約聖書の中のイエス様を探すのもまた面白い。
ちなみにこの聖句箇所自体が、終末預言における炎の浄化と、イエスの再臨(および携挙)の鋳型になっている。

「王の命令は厳しく、炉は激しく燃え上がっていたので、噴き出る炎はシャドラク、メシャク、アベド・ネゴを引いて行った男たちをさえ焼き殺した。 シャドラク、メシャク、アベド・ネゴの三人は縛られたまま燃え盛る炉の中に落ち込んで行った。 間もなく王は驚きの色を見せ、急に立ち上がり、側近たちに尋ねた。 「あの三人の男は、縛ったまま炉に投げ込んだはずではなかったか。」 彼らは答えた。 「王様、そのとおりでございます。」 王は言った。 「だが、わたしには四人の者が火の中を自由に歩いているのが見える。そして何の害も受けていない。それに四人目の者は神の子のような姿をしている。」 ネブカドネツァル王は燃え盛る炉の口に近づいて呼びかけた。 「シャドラク、メシャク、アベド・ネゴ、いと高き神に仕える人々よ、出て来なさい。」すると、シャドラク、メシャク、アベド・ネゴは炉の中から出て来た。 総督、執政官、地方長官、王の側近たちは集まって三人を調べたが、火はその体を損なわず、髪の毛も焦げてはおらず、上着も元のままで火のにおいすらなかった。 ネブカドネツァル王は言った。 「シャドラク、メシャク、アベド・ネゴの神をたたえよ。彼らは王の命令に背き、体を犠牲にしても自分の神に依り頼み、自分の神以外にはいかなる神にも仕えず、拝もうともしなかったので、この僕たちを、神は御使いを送って救われた。 わたしは命令する。いかなる国、民族、言語に属する者も、シャドラク、メシャク、アベド・ネゴの神をののしる者があれば、その体は八つ裂きにされ、その家は破壊される。まことに人間をこのように救うことのできる神はほかにはない。」 こうして王は、シャドラク、メシャク、アベド・ネゴをバビロン州で高い位につけた。」
‭‭ダニエル書‬ ‭3:22-30‬ ‭新共同訳‬‬

福音宣教への思い

日に日に信仰と御言葉によって造り替えられて行く。福音宣教への思いはどんどん高まって行くし、福音のためなら全てを投げうちたいと思える。イエス様無しの人生はありえない。

イエス様を信じない方は、どうかわたしをキリスト者として裁いてください。

これまでの日本の歴史において、数多くのクリスチャンが迫害され、殺されてきた。しかし決してクリスチャンは、そのことを恨んだりはしない。むしろイエスキリストの御名において、キリスト者として迫害を受けるほどに、信仰の喜びの中に生きてきたのだ。キリスト教を裁くならば、ぜひ僕を裁いてください。主の御名において、どこまでも喜びと、愛を持って受け止めます。どうか私がイエス様を信じない人によって大いに裁かれることによって、主の御名が地の果てまで、知られるようになりますように。アーメン。


「そして、どんなことにも恥をかかず、これまでのように今も、生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストが公然とあがめられるようにと切に願い、希望しています。 わたしにとって、生きるとはキリストであり、死ぬことは利益なのです。」

フィリピの信徒への手紙 1:20-21 新共同訳

多くの罪人が、御国へといざなわれている

これから主は多くの罪人を、御国へといざなう。右の頬をぶたれたら、左の頬を差し出しましょう。クリスチャンとしての迫害は進んで受けるもの。これまで地上教会が犯した罪も、真にイエス様を受け入れたクリスチャンが受け入れればいい。クリスチャンが悪魔だというならば、どんどん批判されればいい。陰謀というなら、どんどん叩かれればいい。自己弁護をすることなく、クリスチャンはこれまでの長い歴史の中での愚かな地上教会の罪ゆえに、どんどん叩かれればいい。主は平和を愛するお方。秩序を重んじる方。主にあって私たちは一つ。誰も主の御前で、イエス様の十字架の血潮なしに、義とされる人はいない。すべての人が神の御前で罪人である。悔い改めよう。主の御名において。主の栄光。アーメン!

委ねると

委ねると、全て主が造り替えてくださる。

主のご計画

主のご計画は常に完璧なタイミングでやってくる。
「神は無秩序の神ではなく、平和の神だからです。」
‭‭コリントの信徒への手紙一‬ ‭14:33‬ ‭新共同訳‬‬

陰謀論をメタ認知するために

陰謀論という権力論に関するベタな文脈を、メタ認知するには、「権力」とは何かという政治学や社会学の知識もとても大事になる。マックスウェーバー、マルクス、サミュエルハンチントン、ミシェルフーコー、ハンナアーレントなどもそうしたメタ認知において、必須の知識だと思う。権力を構造として捉える視点を持たない限り、永遠にジャーナリズムの域を超えないし、根源的な問題は解決しない。

そうでなければ単なるペーパーバックの知識の寄せ集めになってしまう。それはニューエイジ 的なポップカルチャーの域を超えない。またそれだけでなく実際にその背景の存在するものは霊的な存在でもあるため宗教学や神学も大切だ。エコーチェンバー化する時代においてはなおのことこのことを理解することは大事だ。そうしないとミイラ取りがミイラになってしまうだろう。

そして、エコーチェンバー化するSNSの時代において、こうした学問的な「物事を俯瞰して構造的/抽象的に捉える視点」よりも、何よりも大切なことは「汝の敵を愛せよ」の地に足のついた精神だ。福音は決して知恵あるものに啓示されたのではなく、謙遜ぜ砕かれた心を持った小さきものにこそ与えられた。

「迫害するもののために祈る」「汝の敵を愛する」この思想がない限り、今の時代のエコーチェンバー化は決して止めることができない。迫害するもののために祈る。これがクリスチャニティ の本質となる。クリスチャンにとっての戦いは、決してこの世における血肉の争いではなく、天にいる悪の諸霊を相手にする霊的な戦いなのだ。

主の御名においてお祈りいたします。アーメン!

「わたしたちの戦いは、血肉を相手にするものではなく、支配と権威、暗闇の世界の支配者、天にいる悪の諸霊を相手にするものなのです。」
‭‭エフェソの信徒への手紙‬ ‭6:12‬ ‭新共同訳‬‬

「だから、邪悪な日によく抵抗し、すべてを成し遂げて、しっかりと立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。 立って、真理を帯として腰に締め、正義を胸当てとして着け、 平和の福音を告げる準備を履物としなさい。 なおその上に、信仰を盾として取りなさい。それによって、悪い者の放つ火の矢をことごとく消すことができるのです。 また、救いを兜としてかぶり、霊の剣、すなわち神の言葉を取りなさい。 どのような時にも、“霊”に助けられて祈り、願い求め、すべての聖なる者たちのために、絶えず目を覚まして根気よく祈り続けなさい。」
‭‭エフェソの信徒への手紙‬ ‭6:13-18‬ ‭新共同訳‬‬

「そのとき、イエスはこう言われた。「天地の主である父よ、あなたをほめたたえます。これらのことを知恵ある者や賢い者には隠して、幼子のような者にお示しになりました。 そうです、父よ、これは御心に適うことでした。 すべてのことは、父からわたしに任せられています。父のほかに子を知る者はなく、子と、子が示そうと思う者のほかには、父を知る者はいません。 疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。 わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。 わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」」
‭‭マタイによる福音書‬ ‭11:25-30‬ ‭新共同訳‬‬
https://www.bible.com/1819/mat.11.25-30.新共同訳

陰謀論とマンデラエフェクト

SNSは、エコーチェンバー化していく時代。最初にマンデラエフェクトがバズり始めたのは、すでにここ数年の流れの中で(おそらく原発事故以来)陰謀論をテーマにして自然発生的に形成されていたいたエコーチェンバーのコミュニティ内部において。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/エコーチェンバー現象
陰謀論を語っている方は共通して、社会悪を正し、弱い人のために巨悪と戦うという共通項があって、個人的にDMなどで話すととても礼儀正しく、思いやりが深い方が多いと感じる。他者や社会を思う心がなければ、こうはならない。いわゆる義憤なんだと思う。
また、本質的には陰謀論を語る方は、霊的なサタンを筆頭にする悪霊たちの軍勢の計画を感じているのだと思う。そうした諸霊の働きを観察していくと、もちろんその霊に動かされている組織や、宇宙人などの人間ではない存在なども見えてくることになる。
サタンは実際に存在するし、悪の諸霊というのは決して人としての形を持たない霊的な存在。そういう存在は元に存在する。無論、クリスチャンや教会自体もこうしたサタンや悪霊からの攻撃は常に受けている。こうしたものに立ち向かう時、大事なのは、汝の敵を愛せよという愛。右の頬を打たれたら、左の頬を差し出しなさいという愛。しかしこれは御言葉があってのこと。人というのは愚かなものなので、御言葉に依らなければ、すぐに血肉の争いになってしまう。

「わたしたちの戦いは、血肉を相手にするものではなく、支配と権威、暗闇の世界の支配者、天にいる悪の諸霊を相手にするものなのです。」
‭‭エフェソの信徒への手紙‬ ‭6:12‬ ‭新共同訳‬‬

諸悪というのは決して人の形を取っていない。まして人間そのものではない。悪の根源が、人の罪にあり、その罪をもたらした存在が霊的な存在であるということがわかると、陰謀の背景にあるものも見えてくると思う。
そういえば僕も大学時代にどっぷりと陰謀論にはまった。陰謀論はある種のオカルト的世界に入る際の入り口になっているのだと思う。そしてその後に霊的な世界が確実に存在していることを実感し、政治学はもちろんのこと、諸宗教や哲学、オカルトの世界に入った。12年占い師をやって、最終的に聖書に行き着いた時に感じたことは、結局のところ、他者を思いやる愛が自分の人生を狂わせず、正しい方向に連れて行ったのだと思う。たとえ間違えた方向に進んでも、常に聖霊の働きを通じて、正しい方向へと正してくれた背景には常にイエス様がいたことに気付くのだ。それは僕自身の人生がいかに主にあって罪を赦されているのかを通じて証できることだ。主の御名においてお祈りします。アーメン!

イエス様の血潮で赦されて

ビジネスマンへの福音伝道を趣旨として創設された、「インターナショナルVIPクラブ」の顧問の市村和夫先生との出会いの中で、クリスチャンの国会議員や、大使の方々を発起人として開かれる、超党派の国会クリスマス晩餐会のお手伝いをさせていただくことになった。国会議員、政界、財界、官界を始めとした国のリーダーたちに、イエス様の福音を伝えるという趣旨の会だ。2/3がクリスチャンで、1/3がノンクリスチャンの300人を超える規模の晩餐会だ。
クリスチャニティのダイナミズムは、政治信条としての右派、左派に関係なく、主イエスキリストのもと、一つに集えるということ。「汝の敵を愛せよ」「皆キリストの身体の一部だから、目が手に向かって、お前はいらないといえない。頭が足に向かってお前たちはいらないとはいえない。」という思想がベースにあるからこそ、違いを超えて、一つとなれる。
僕自身、早稲田の政治経済学部政治学科出身で、当時いくつかの政治サークルにも入っていたからこそ、学生時代には政治の現場にもよく参加していたが、政治信条を超えて、イエス様が示された「無償の愛」の元に集うということ自体、非常に稀有な場所だなとしみじみと思う。
毎回の準備の中で、皆でそれぞれに祈るのだが、「一人でも多くの日本人が、福音を知って救われますように」と心を込めて祈っていたら、当日のお祈り担当の一人として大役を預かることになっていた。そもそも元占い師なんていうクリスチャンとして全くもって1ミリも何も誇れるものがない、全く持ってすべてのクリスチャンの皆さんに対して罪の重さ故に頭が上がらないところから、こんな大役をあずかることになるなんて思いもしなかった。しかし、真反対から回心したからこそ、心から自らの罪を悔い改め、なおかつ「福音しか救われる道はない」ということを、ノンクリスチャンの方にも深く証ができるとも思う。
大企業の社長や、政治家の先生方、各国の大使などに交じって、何の取り付く島もない、むしろクリスチャンとしても罪人でしかありえないようなようなどうしようもない僕が、主イエスキリストの血潮で、罪を赦され、ひとりのクリスチャンとして、主の御前で祈りをささげられること自体が、イエス様の愛の深さを物語っていると感じる。
熱い聖霊に満たされた信徒の群れと出会いたいと願い、気づけばわずか一か月半で、隔週1/3/5週の土曜日で開催されていた佐々木満男先生のエクレシアを、毎週開けるように2/4週を担当させていただいたり、大泉学園の恵み教会では、ケン先生の出張の際に、代理でメッセージをさせていただいたり、明治学院大学で証をさせていただくことになったり、中村光子先生のご協力の元、聖霊神学について学ぶ、超教派的な集いを開催させていただいたり、国を背負った議員先生のために(そしてその背景にあるすべての国民のために)お祈りをさせていただくことになったり、これをイエス様の奇跡と栄光といわずしてなんというだろう。こんな罪人でしかあり得ない僕を、召し出して、わずか一か月半の間の中で人生の全てを作り変えてくださる方。それがイエス様なのだ。なんと素晴らしいお方なのであろうかと賛美せざるを得ない。アーメン!
願わくは、一人でも多く、イエス様の十字架を知って、救われてほしい。イエス様の十字架の意味を知って、そして、イエス様ご自身に出会って、永遠の生命を受けてほしいと願います。父と子と聖霊の御名においてお祈りいたします。アーメン。

これからのマンデラエフェクトについて

僕自身の身に、マンデラエフェクトが起こり始めたのは2017年3月27日から。そして、その時から一貫してきていたメッセージは2019年前半に「死者が蘇る地球」になるということだった。このことについての記事を振り返って整理してみた。そしてこのメッセージ通りに、マンデラエフェクトを認識できる人がtwitter上でも、指数関数の爆発的に増え始めている。

下記の記事を書いていた時は、僕はグノーシス主義を中心とした神智学研究をしていた西洋占星術師だった。そのため、使っている用語は難解なものだ。

しかしその後僕は聖書の御言葉と出会ったので、こうした難解な用語を一切必要とせずに、全く同じことを御言葉だけで説明ができる(そればかりでなく、それ以上の様々な真理をそこに発見できる/ことに神智学は人格主義に基づかないので知性偏重型であり、それこそがサタンの特徴だ)ことに気が付き、これまでの12年のキャリアのすべてを捨てて、クリスチャンになった。正直、僕は、福音を伝えるためなら、生命を捨ててもいいと思っている。それゆえ、本名で活動しているし、占い師だった過去も隠さない。それくらい一人でも多く、失われた魂が、永遠の生命を受けてほしい。イエス様の十字架しか救いがないということを、これからも全生命力をかけて証していきたいと思う。

主は、時間を被造物としてお作りになった方だから、過去をも変えられる。そしてそのことはすでにダニエル書や、ヨハネの黙示録の中でも預言されていること。決して、自分の意識でパラレルワールドを飛んでいるわけではなく(もしそうであるならばなぜ目の前の現実を意のままにしないのか?)、「すべての人の目が彼を仰ぎ見る(ヨハネの黙示録1章7節)」の御言葉通り、主が偉大な御業をなさっているということを繰り返し述べておきたい。

そもそもニューエイジ(スピリチャル)の中で流行ったアセンションという言葉も、もともとはキリスト教神学のイエス様が復活した40日後に天に上った、昇天(アセンション)からきている概念。つまりもともと聖書にある考え方に過ぎない。まして終末思想自体がそもそも聖書の世界からきているもの。

ニューエイジ文化でもてはやされ、最近は下品な商業主義、単なる金儲けに成り下がってしまっている、アチューンメント、チャネリング、ライトランゲージ、ヒーリングも、それぞれ、聖霊のバプテスマ、預言、異言、神癒という聖書の概念からの盗用でしかない。こうしたことは1冊の聖書を読めば、すべてそこに書いているのだ。なぜそれでも読まれないのか?それは、ニューエイジ文化の背景にサタンや悪霊がいるからに他ならないのだ。そうしたこの世の諸霊が、神の御言葉である聖書を読ませないようにしているのだ。

だからこそ、マンデラエフェクトを体験し始めた方は、まずは聖書を開き、読み始めてほしい。聖書とは、サタンや悪霊と戦うための御言葉という剣なのだ。

「また、救いを兜としてかぶり、霊の剣、すなわち神の言葉を取りなさい。」

エフェソの信徒への手紙 6:17 新共同訳

あくまでニューエイジは、聖書を無理くり汎神論に当てはめようとして生まれた疑似宗教、もしくはシンクレティズム宗教(混合宗教)に過ぎず、聖書を読む文化がない日本人の間の中で流行っている偏った思想だということに、私たち日本人は気づかなければならない。このあたりは400年前に檀家制度を敷いて、聖書の御言葉を締め出した、鎖国の弊害だともいえる。むろんその当時はそうせざるを得なかったし、実際に聖書の御言葉のなかでも、終末の世に東の島々の民が主の御名を讃えると預言されている通り、それ自体も含めて主の計画の中にあるともいえる。

父と子と聖霊の御名においてお祈りいたします。アーメン。

2017年11月27日の時点ですでに2019年から物質次元が消失し、半身半霊化するというメッセージが来ていた。
2017年12月には、マンデラエフェクトが起こる理由が、CERNなどではなく、霊的な覚醒、主にブッディ層の覚醒によって起こることが分かっていた。
2018年7月には、マンデラエフェクトの背景にある集合意識の変化の、さらにその奥には、「個」の意識振動数があることを発見した。これこそ今考えてみれば、「主」であり「イエスキリスト」ご自身であった。
2019年中盤(すなわち6月から9月)に、意識シフトが早いライトワーカにおいては、死を超越し、永遠の生命を得ていることに気づくフェーズがやってくるとメッセージがあった。これはまさに今進行中のテーマである。
2019年前半には死者が蘇る地球になるということを言及している。
2019年前半にはこの世がデヴァチャン化(天国化)し、他力による第四イニシエーション(これはすなわちイエス様の十字架の磔による贖いを信じること)によって、デヴァチャン振動数が完成する2019年後半(つまり7月から)マンデラエフェクトの数が「極端に増えていく」ということになるだろう、というメッセージ通りのことが現在起きてきている。7月以降2年半の沈黙を破って、一気にマンデラエフェクトの体験談がtwitter上でバズりはじめているし、来月にはさらに指数関数の爆発的なグラフを描くと思う。
2019年の正月の挨拶が、「今年はマンデラエフェクトの年になる」というメッセージだった。そんな正月の挨拶、普通ないと思うが(笑)
マンデラエフェクトは今は地図やネット上の情報で気づく人が増えているが、これからはもっと日常的な事象で増えていくよというメッセージ。地図ばかりでなく、家の近所や、部屋の中ですら、主は、イエス様を受け入れて救われるまでなんども扉をたたいてくださる。それは一人でも多く、福音によって、救われてほしいからなのである。アーメン。
2017年3月27日の巨大隕石の衝突による死後の世界化(これはその後、聖書で幾度となく言及されている終末預言だった)や、死者の復活という概念について言及している。

イエス様というのは、本当に深く一人一人を愛しておられ、結局のところ福音を知らずにいまだ失われていく魂が多い日本人のことも、やはり深く愛しておられる。日本人には日本人の役割があって、今の時代だからこそ、本当の意味で主イエスキリストを、自らの救い主として、1:1の関係性の中で受け入れられる時代が来ているといえる。そこに気づいてほしいからこそ、主は、途方もない御業で、時空を超える奇跡を起こし、まるでヘレニズムの時代の初代教会で行われたような主の御業や徴を、私たちの目の前で起こし始めている。そうでもなければ、私たちは、宇宙という被造物が神であると思い込むだろうし、頭の中で考えた神を崇拝することになるだろう。しかし私たちは主の御名を唱えなければならない。

偉大な奇跡ゆえに、当時のローマ人をはじめとした異邦人たち(非ユダヤ人)は、汎神論を捨てて、聖書の主、つまり一神教を受け入れた。その当時と同様の奇跡を主イエスキリストは示し、私たち日本人の汎神論的な世界から、本当の真理であるところの、創造主は現にましますということを、明確に啓示される時代に入ったといえるのだ。

「彼らは声をあげ、主の威光を喜び歌い 海から叫び声をあげる。 それゆえ、あなたたちは東の地でも主を尊び 海の島々でも、イスラエルの神、主の御名を尊べ。 地の果てから、歌声が聞こえる。 「主に従う人に誉れあれ」と。 」

イザヤ書 24:14-16 新共同訳

マンデラエフェクトが2年半の沈黙の後にいよいよバズり始める

高次意識(その後、その声が、主だと分かる)のメッセージから、数週間後、2017年3月27日から始まったマンデラエフェクト。不思議なことに、この話題を様々な人に話したが、伝わらないか、もしくは伝わったとしても、まるで夢の中の会話のように次の瞬間には別の話題になってしまうという体験をおよそ2年半経験した。そして、マンデラエフェクトが起こった当初から2019年前半に「死者が蘇る地球」になるというメッセージを受け取っていた。これがまさか自分がクリスチャンになる(クリスチャンは十字架を信じることで、永遠の生命を得る)という意味だとは思ってもみなかった。2年半不思議なことに、誰に話しても、マンデラエフェクトについてスルーされていたが、やはりメッセージの通りに、2019年6月から急速にtwitter上で、マンデラエフェクトについて言及される方々が増えてきた。そもそも、いくら周囲に伝えても、ネット上でも書いても何の反応もなかった2年半と打って変わって、今マンデラエフェクトというワードが指数関数的にバズりはじめている。つまり、明らかに「目覚める人」が増えてきているということ。僕自身も、こうした現象の背景に、聖書の主、つまるところイエス様がいらっしゃるという結論に至るまで、2年半かかった。昨年の12月はまさかそんなことになろうとは思いもしなかった。しかし、様々な東西古今の文献を研究し、聖書は真理であるということを確信した。当時の僕がいかに混乱していたかは、半年間ブログをかけなかった(10年以上毎週続けていたメルマガすら、やはり半年間書けなかった)こと、そして、沈黙を破った半年後のブログ記事を読んで、察していただけると思う。マンデラエフェクトを体験し始めた2017年3月からは、あまりにも衝撃的な出来事だったゆえに、半年間とてもじゃないが、公にできなかった。頭が狂ったと思われたくないからだ。しかし最終的に、そうかこれは「壮大なギャグなんだ!」という結論に至り、「ギャグブロガー」として書こうという結論になって、ようやく文章化できたという思い出がある。

https://seidogaku.com/2017/07/

今マンデラエフェクトという言葉がtwitter上でバズりはじめていて、当時の僕がそうであったように混乱されている方も多い。僕の場合、事前に「北海道の輪郭を見ていなさい」という不思議なメッセージがあったから、ある程度心の準備はできていたが、通常はそうしたこともないと思うので、現実だけを見ればものすごく混乱すると思う。しかし、そんな方にこそ、ぜひ聖書を開いてほしい。マタイ・マルコ・ルカ・ヨハネの四福音書を読んでみてほしい。聖書の中のあらゆる聖句から、終末の世における「マンデラエフェクト」についての預言と思われる個所がたくさんあるが、何よりも大事なことは、聖書の「目を覚ましていなさい」という御言葉通り、今自分の目の前に起きてきているマンデラエフェクトという不思議な徴を受け止めつつも、「汝の敵を愛せ」というイエス様の御言葉のように、「無償の愛」に生きることが大事だということは強調してもしきれない。終末の世は、人々の愛が冷める時。だからこそ、互いに愛し合うことが大事だし、何よりもそのためには、自分が御子イエスキリストの十字架によって、原罪が贖(あがな)われるということを知ることが大切。自分自身がマンデラエフェクトを経験し、ニューエイジャー/占い師からクリスチャンへと回心するまでの2年半の経験があったからこそ、これは本当に繰り返し伝えていきたい真実だ。父と子と聖霊の御名において、お祈りいたします。アーメン!

リバイバルの萌芽!

霊の注ぎと、リバイバルの萌芽がすごい。
もはやクリスチャンの世界において、もう教会は死んでしまったみたいな論調は古い。完全な過去だ。むしろものすごい流れを肌でひしひしと感じる。途方もなく巨大なリバイバルが日本を席巻する日が近い。これは確信だ。間違いない確信だ。周囲にイエス様への十字架の信仰を持ち始める人がものすごい勢いで増えてきた。主の御心が地上において行われますように!聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな!アーメン!

VR教会とリバイバル

SNSがfacebookからinstagramに移行したように、コミュニティの抽象度(ここでは文章→写真)に高まることによって、それに適応するSNSのサービスは移行する。おそらく今後のコミュニティの抽象的レイヤーは、「信仰」になると思う。VRが発達していくにしたがって、リアルとの境目が無くなり、また時空間の制限がなくなっていくため、同じ現実を体験するためには(つまり繋がりあうためには)、信仰レベルで一致していかないと、現実を共有しえなくなっていく。今回のリバイバルは、おそらくこうした社会背景と技術的イノベーションも大いに関係してくると思う。エコーチェンバーを防ぐためには、信仰の一致しかないし、それは歴史的にもヘレニズム期と中世、近世で、国際化→ルネサンス→リバイバルという流れが常に存在していることからも、証明されている事実。VR教会はこの流れに属する。非常に重要なインパクトのあるリバイバルの源流になると思う。

捧げること

捧げるってやはり非常に大事だなと思う。100パーセント主に捧げた時に、人は無欲に、なおかつ自分の限界を超えて、自分の器を大きくしていただける。神様に用いられるということは、なるべく神様に用いられやすいような器であろうとするということだが、しかしどうやったって、主の目から見て、自分の功(いさお)にたよって義であれる人なんていない。だからこそ、矛盾するようだが、捧げることが大事なんだと思う。それはイエスキリストが私たちの罪のために死んでくださった故のことであって、決して自らを誇るためのものではない。
自分の力で自分を造り変えるのではなく、主が自分を造り変えてくださるということ。そこには十字架が常にある。
信仰の喜びはここにあると思う。決して信仰はどこまで捧げ切っても、義務でもなく、苦痛でもない。それはイエス様が十字架で霊的に成し遂げてくださったからこそ、イエス様の功(いさお)に頼ってこそできることなのだ。

福音とイエス様を愛するネットワーク

イエス様について知っていただける場が周囲に確実に増えてきた。わずか1ヶ月の間に聖霊の導きのもと、奇跡的なご縁をいただき、求めれば、救われやすい共同体ができた。福音のネットワークしか、こうしたことは本当に難しいということを、ニューエイジの世界で12年やってきたからこそ実感する。一冊の聖書を通じて、深い信頼関係が醸成されていく共同体。本当に素晴らしいなと思う。これからの時代に真に必要なものだとしみじみと感じる。

教会のVR/AR化

日本の場合、VR/AR教会化することで、「建物の教会」という誤解を解いてくことができる。教会とはあくまで人の群れであって、建物ではない。はっきり言って、日本のキリスト教受容の歴史において、この建物の教会というイメージでどれだけ損をしているのかと、マーケッターの視点から見ると非常に残念に思う。聖書を読めば建物の教会ではなく、信徒の身体に聖霊が宿ることは明示されている。
旧約時代には奥義とされていたものが教会という概念。イエス様が、第二神殿の崩壊と3日後の復活という形で予言なさった「エクレシア(人の群れ)」への聖霊の宿りこそが、教会の本質だ。建物ではなく、信徒の群れに聖霊、つまり創造主が宿るのだ。
教会のVR/AR化は、この信徒の群れという概念を可視化させるので、構造的にこれまで以上に福音が広がりやすい時代になっていくと思う。

イエス様との出会いとマンデラエフェクトの体験

主の召し方って、やはり義人ではなく、罪人を誘う傾向がある。マンデラエフェクトも、めちゃくちゃ熱心なクリスチャンじゃなくて、クリスチャンを迫害していた元パリサイ人だったパウロにそうなさったように、だいたいグレーゾーンの人に、明確な主の徴を示されているようだ。
それゆえ、僕のような占い師/ニューエイジャーだった、聖書的には重大な罪人であっても、回心して、主のためにすべてを捨てて付き従う僕(しもべ)に造り替えてくださる。
マンデラエフェクトの気づく人が、割と、どこかでイエス様の十字架を知って、信じていながらも、既存の地上の教会で傷ついたり、人間特有の愚かさを見て、道義的に反発心を感じられている方が多い。一度はイエス様の十字架を信じて、しかしその後、信仰から離れているようなギリギリの信仰を持つ方に多くマンデラエフェクトという徴が出てきているのは、どうも今もなお、主は、一人でも多く主の御心によって、自らの御子の血潮によって、救われてほしいという強い願いを感じざるを得ない。
確かに、マンデラエフェクトのような徴が、熱心な信仰を持つクリスチャンに徴されたら、確実にエリート主義や選民意識に陥るだろうし、そうはなさらないところが、主のご計画の壮大さなんだと思う。
「後のものが先になる」というのはまさにこのことだなと感じる…。主の御名においてお祈りいたします。アーメン。

「このように、後にいる者が先になり、先にいる者が後になる。」」
マタイによる福音書 20:16 新共同訳

ニューエイジャーからクリスチャンになる人は増えていくだろう

ニューエイジャー の僕が、主の御手によって、一転してクリスチャンになったように、全国でこうした人たちがおそらく今後たくさん出てくると思う。そういう人たちはホーリネスやペンテコステ系の神学を学ぶと、比較的スムーズに聖書や一神教の世界を理解できるようになるし、コリント書やエフェソ書などに基づき、霊的な意味でのエクレシア形成論も理解できるので、各地に自然発生的なエクレシアが建てられていくと思う。そういう自然発生的に立ち上がって来るエクレシアをベースに、イエス様を頭とした霊的なリーダーの育成ためのコーチングなどに従事し、全国行脚する日が必ずくると思う。そういった具体的なビジョンこそ、リバイバルに必要なのだと思う。

リバイバルがやってくる

日々確実に日本にリバイバルがやってくるのを実感する。どう考えても来ると思う。リバイバル。

VR教会

VR教会の可能性はすごい。

わずか一か月の間で人生の全てが変わった

佐々木満男先生と初めて出会ったのが8月3日。ジョセフケン先生ともこの日初めて出会った。國分先生と石川先生と出会い、そして國分先生から中村光子先生をご紹介いただいた。わずか1ヶ月半足らずで気づけば環境は一変し、熱き聖霊に満ちたリバイバリストたちと出会い、日々、聖霊の炎で燃えている。燃え上がる聖霊の炎とイエス様の血潮で、日々新たにされる。

VR教会/聖書勉強会

中村光子先生、國分先生のご協力のもと、VRを使った聖霊の神学を学べる聖書勉強会がスタートした。映像とは異なる臨場感があり、なおかつ、時間と空間の制限を受けないので、想像以上にVRを使ったエクレシアはとても可能性があるなと感じる。

賛美の天使が堕落して悪霊になった

昨日の中村光子先生の聖書の研究会でなるほどと思ったのは、天使の1/3が堕落する前、ルシファー(堕落前はルシエル)は、神様の「賛美」を司る天使長だったということ。ミカエルが「天の軍勢」を率いる天使長。ガブリエルが「御言葉/メッセージ」を司る天使長。つまり「賛美」「軍勢」「御言葉」という3拠点のうち、「賛美」の領域が、ルシファーをトップとした天使たちが堕落した。それゆえに、1/3の天使が悪霊になったというお話。
神様の賛美から、自己の賛美(ナルシシズム)へと根本教理がすり替わったことで、悪に堕落した。賛美の天使の群れがいなくなったからこそ、クリスチャンの群れがその役割を果たすことになった、というお話も非常に興味深かった。

清貧であるべき職業

次第に、なぜ自分が主に召しだされているのかという輪郭が見えてきている。大学では政治経済学を学び、その後も、ビジネスの世界でしっかりと生きてきたからこそ、経済的な事象には強い。牧師業というのも、会計上は立派な自営業であるが、聖書的な理解では清貧であるべき職業であって、それゆえ牧師先生特有の宣教における経済的な課題も多いのだなと色々ヒアリングしていくと見えてくる。牧師業の平均給与は一般的に100万~200万台程度といわれていて、現代社会では決して楽な生活ができるような仕事ではない。主の召命と、志無しにできることでは決してない。
と同時に、サタンの攻撃を受けやすい業種である牧師先生は、マモンの霊が常に入ってくる経路である経済的な事象に関しては、確かに霊的な意味でも、清貧であるべき。しかし、それゆえお金に疎い世界なので、マーケティング的スキルは弱くなるし、それゆえにこの資本主義経済の中での宣教を、難しくさせている側面も多々ある。聖書的な意味においても、確かに聖職者は、清貧でなければならないというのも非常に深い意味合いがある。それゆえ、周囲の人々がしっかりとしなければいけない。このあたりが今の日本のキリスト教界が弱いのかもしれない。経済に明るい信徒が、しっかりと牧師先生をサポートしていかないといけない。イエス様が色々な人(役割)を教会の中に立てたように、経営的センスを持った清富は、その清富ゆえの大切な役割があると思う。それを最近肌ですごく実感する。経済に明るい人は、その賜物をいかして、無心で兄弟姉妹のために献身していくことは、やはり非常に大事なことだと思うし、お金というのはこの世の血液なので、一人でも多く福音を知って救われていくためにも、しっかりと御言葉の原則によって、管理されて行かなければならないと強く実感する。

【ベツレヘムの星便り】368号  創造主の「御手」



◆【ベツレヘムの星便り】(旧:ユピテルジョージの今週の星便り)


 2019/9/15                                 368号


こんにちは、杉本譲治(旧ユピテルジョージ)です。

今日は、創造主の「御手」についてお話します。

人生を生きていると様々な形で、
明らかに偶然とは思えないこと、
そして自分の意図を超えた大きな「宇宙」の働きが
存在していることを感じることはしばしばあります。

いま、あえて「宇宙」といったように、
私も占星術師をやっていたころは、
こうした働きを「宇宙」の働きだと思っていました。

しかし、この2年半の間に体験した「マンデラエフェクト」という
不思議な体験を通じて、東西古今の様々な文献を
研究していく過程の中で、確信したことは、

私たちの世界を造った創造主がいらっしゃり、
宇宙もまた被造物の一つに他ならず、
宇宙そのものは決して創造主そのものではないということでした。

マンデラエフェクトの紹介はこちらから
https://seidogaku.com/mandela_sample

いまネット上では、特に今年の6月に入ってきてから、
このマンデラエフェクトに気づく人たちが増えてきています。
そして、僕自身はこのマンデラエフェクトを通じて、
この世界の創造主の存在と、いかに聖書が真実を伝えているのかということを
確信することになったのですが、
ようやく2年半もの沈黙を破って、
こうしたメルマガでも、発信ができるようになってきました。

僕自身が、今この世界を創造した神様の御手によって、
伝道者として召し出された理由は、
「元占い師」というクリスチャンの世界からすると、
禁忌でしかない立場から、召し出すことによって、
僕自身に決して誇ることのないような棘(とげ)を与え、
その上でいかにイエス様が真実であるかを、
自分の人生をすべてで「証し」しなさいということなんだと理解しています。

最近は少しずつ、理解者も周囲に増えてきて、
クリスチャンの方にも、ノンクリスチャンの方にも、
ありがたいことに応援してくれる人が、増えてきました。
もちろん拒絶されたり、無視されることもたくさんありますが、
それでも今、こうした福音伝道の役割を担わせていただける
喜びに、日々満ちています。

僕自身が、クリスチャンとして誇れるものが一ミリも持てないところから
召し出されたように、
創造主の意図というのは、人が考えて理解できるものを大きく超えた
ビジョンと計画を持って、たくさんの人が一人でも多く
救われるように、主は常に私たちに愛を持って
働きかけています。

偶然の出来事(シンクロニシティ)や、
時空を超える神秘的な出来事(マンデラエフェクト)も、
多くの方々がこれまで以上に経験していく時に
なっていること確信しています。

そうした時に、あなたにぜひ思い出してほしいことは、
私のように、イエス様を信じて、
長年の安定したキャリアであった占い師という人生のすべてを捨てて、
クリスチャンになった人がいるということ。

そして、一般的な日本人の多神教的な世界観から、
一転して、この世の神々の全ての霊的存在をも含めて
創造された、この世界の「創造主」が存在しているということを
確信している人が生まれているという事実です。

こうした動きはおそらくですが、僕個人の体験にとどまるわけではなく、
これから多くの方々が経験していくものになると、
日々の活動の中で感じています。

そんな時に、私の活動が、そうした方々にとって、
安心できる材料や、関係性をもたらすものになればいいなと、
感じながら、日々、そのコミュニティの基礎を作っています。

今は、毎週のメルマガを見て、
なんだかユピテルさん、最近色々変わっているんだなと、
感じる方が多いと思いますが、
おそらく2-3年すれば、こうしたこともだんだん多くの方々に
分かってもらえる日が来ると信じて、頑張っているところです。

今週のメッセージは、この世界を造った
創造主の「御手」というお話をいたしました。
今週も、あなたにとって、素晴らしい一週間になることを
心からお祈りしています。

父と子と聖霊の御名においてお祈りいたします。
アーメン!



【クリスチャンの集い】土曜日パワーブレイクファーストのお知らせ


8月より、毎週土曜日の朝9時に、東京六本木のホテルグランドハイアットの
フレンチキッチンにて開かれている、いつもお世話になっているクリスチャンである
国際弁護士の佐々木満男先生や、作家で、牧師のジョセフケン牧師をはじめとした
熱き日本のリバイバリストたちに会って親交を深められる朝食会
(パワーブレークファースト)に、毎週参加させていただくことになりました。

本来は、ビジネスマンに向けた福音伝道を趣旨として創立された
INTERNATIONAL VIP CLUBの活動の一環として、
第1・3・5土曜日の隔週での開催で、これまでも16年間開催されてきた
佐々木満男先生が主催する朝食会です。

先日、ジョセフケン先生とお話しているときに、聖霊の注ぎによって意気投合し、
いつもは開催していなかった第2,4土曜日も、ケン先生と私は出席し
毎週必ず集い、皆で祈れるようにしましょう!ということになりました。
お申込み方法等は、詳しくはこちらからご覧ください。

https://seidogaku.com/powerbreakfast
【パーソナルミニストリー】聖書の御言葉を通じて、自分の心を「無償の愛」で満たす
人生の困難に行き当たった時、判断に悩む時、あなたの手元に一冊の聖書と、主イエスキリストへの信仰があれば、常にあなたの道のりを、明るく照らしてくれます。

人生はいいことばかりではありません。
しかし、どんな時でも救い主イエスキリストは、あなたのことを見守り、
愛しておられます。

このパーソナルミニストリーでは、
聖書的な人間理解、主イエスキリストの信仰をベースとしながら、
時間をたっぷりととったマンツーマンのカウンセリングをご提供します。

「心の貧しい人々(謙遜な人々)は、幸いである、
天の国はその人たちのものである。
悲しむ人々は、幸いである、その人たちは慰められる。
柔和な人々は、幸いである、その人たちは地を受け継ぐ。
義に飢え渇く人々は、幸いである、その人たちは満たされる。
憐れみ深い人々は、幸いである、その人たちは憐れみを受ける。
心の清い人々は、幸いである、その人たちは神を見る。
平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。
義のために迫害される人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。
わたしのためにののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口
を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。
喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。
あなたがたより前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。」
(マタイによる福音書 5:3-12 より 新共同訳 )

▼時間の目安 60分から90分程度
▼料金 本カウンセリングは、キリスト教の献身の精神に基づいた活動とな
るため、特定の料金は定めておりません。あなたがふさわしいと感じられる、
主への感謝の気持ちを込めた献金という形でお納めくださいますようお願い
いたします。

―――惜しんでわずかしか種を蒔かない者は、刈り入れもわずかで、惜しまず
豊かに蒔く人は、刈り入れも豊かなのです。 各自、不承不承ではなく、強制
されてでもなく、こうしようと心に決めたとおりにしなさい。喜んで与える人
を神は愛してくださるからです。
 (コリントの信徒への手紙二 9:6-7 より 新共同訳)

▼スケジュールの関係上、月10人までのお受付となります。何卒、ご理解、ご
了承ください。
▼日時 お申し込み後に、ご希望の日時を調整いたします。
▼場所は、表参道(東京都)のサロンとなります。ご予約後に住所をお伝えい
たします。
▼ご遠方の方は、スカイプやLINE、ZOOM等のビデオ通話を使った形にてもご提
供いたします。

▼ご予約はこちらからどうぞ
https://seidogaku.com/personal_ministry



メールマガジン【ベツレヘムの星便り】(旧:ユピテルジョージの今週の星便
り)
発行者:杉本譲治
───────────────────────────────────
▽今週もあなたにとって素敵な1週間になりますように。
父と子と聖霊の御名において、お祈りいたします。アーメン。

▽本メールマガジンの配信解除はこちらから
https://j.bmb.jp/bm/p/f/tf.php?id=r_bridge



(c)2019 George Sugimoto All Rights Reserved.

恵み教会

今日の恵み教会の礼拝も聖霊の注ぎのあるいい会になった。先週に引き続き出張中で不在の牧師先生に代わってメッセージを話すのは2回目。今日は前回と異なり緊張よりも信仰の喜びの方が優った。霊が語らせるままに、喜びのうちに、敬天愛人の聖書箇所(マタイ22章36-40節)を引用しながら、イエス様への愛の大切さをお伝えした。ハレルヤ!

「「先生、律法の中で、どの掟が最も重要でしょうか。」 イエスは言われた。「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』 これが最も重要な第一の掟である。 第二も、これと同じように重要である。『隣人を自分のように愛しなさい。』 律法全体と預言者は、この二つの掟に基づいている。」」
‭‭マタイによる福音書‬ ‭22:36-40‬ ‭新共同訳‬‬
https://www.bible.com/1819/mat.22.36-40.新共同訳

クリスチャンアファメーション

ニューエイジ 的な願望実現のアファメーションも、「主の御心ならば」と添えれば、砕かれた心になるし、信仰の喜びの内側にいられる。「私は神」は、「私は神の子供」といえば、謙遜な心であれる。数ミリの違いだが、全く違う人生になる信仰のコツだ。

主に会って喜ぶ

一言でいうと生きがいを見つけた。信仰の喜びに勝るものはないね。

メッセージ

しみじみ聖書の御言葉って素晴らしいなと思う。今日も牧師先生出張のため、礼拝でメッセージをさせていただくことになった。ほぼ毎日何かしらの形で主を賛美できるのは、幸せなこと。

聴くドラマ聖書

この秋(おそらく今月)リリースされるという聴くドラマ聖書。非常に楽しみ。新改訳2017という、原語に忠実であり、なおかつ最新の翻訳をもとに作られ、著名な俳優、女優さんたちが生き生きと演じるという、前代未聞の素晴らしい内容。日本のリバイバルのコアになりうる企画だと思う。

主の御心が行われますように。

https://graceandmercy.or.jp/app/?fbclid=IwAR2KJv7jEKELJ5mgEuwaGC5fSP0eIsHRRxlPfd_9qDlopDHgnaDa_5auSOE

聖書の世界はよく知られている清貧だけでなく、清富(せいふ)も存在する。

聖書の世界はよく知られている清貧だけでなく、清富(せいふ)も存在する。アブラハムもダビデやソロモンも聖富。聖書のはたくさんの富に関する教えがあり、御言葉を学ばなければ決して清富にはなれない。また、清貧にもなれない。世にある多くの成功法則は、俗富に導くだけで、決してそれは真の成功とはいえない。大事なことは御言葉の上に、正しい富を形成していくことだ。御言葉は永遠。故にその信仰の上に組み上げられる富も朽ちることはない。ビジネスとはそのような盤石な創造主の御言葉の上に発展していくものだ。

単なるテクニックである引き寄せの法則や日本的ニューソート、自己啓発は、ベースとなる人格主義が存在しないので、多くの場合俗富もしくはしばしば俗貧へと導いてしまう。大切なことは、確かな人格主義の上に、富は蓄えられて、用いられていくべきということなのだ。

僕が立ち上げていくべき一つのエクレシアは清富と清貧とが、主イエスキリストにあって、聖霊に満たされ、一つに交じり合う教会。力あるものは、主イエスキリストの前で低くされることを誇りに思うべき。私たちは主にあってすべての人の僕(しもべ)である。この世に遣わされた使命を、世の中のため、人々のために分かち合って生きるべき。高きものは主にあって低くされることを誇りに思いなさいというヤコブの手紙の一節は、僕の人生を大いに一変させた。

そのことは箴言やコヘレトの言葉、詩篇を読めばよくわかること。階級社会化している今の時代、これからの時代の経営者にとって聖書の御言葉に砕かれ、謙遜な生き方、幕屋生活を送ることは何より大事。階級社会は富めるもの、社会的なリーダーにとっても命がけの時代であることを肝に銘じなければならない。主に悪と映る俗富になればすぐにでも神の裁きにあう時代だ。社会の十字架を背負わぬリーダーは、清貧と清富の正しい信仰と行いによって、滅びてしまうだろう。

運気

クリスチャンの群れ(教会)に参加すれば、常にイエス様や、創造主であられる天のお父様、聖霊さまと出会えるので、そりゃ運気上がります。当たり前の話です。

マンデラエフェクトの語源となるマンデラ大統領は

ちなみにマンデラエフェクトの語源となっているマンデラ大統領は、熱心なクリスチャンだった。彼自身の生き方で、イエス様を証なさった方だった。

時の終わりとマンデラエフェクト

創造主とは時間を創造した方であり、それは同時に、時間を超越したお方であるということ。キリスト教神学において、創造主(父なる神)と、イエスキリスト(御子)と、聖霊は、三位一体の神。聖書の中でははっきりと「時の終わり」について啓示がある。

今おられ、かつておられ、やがてくる方。

ヨハネの黙示録‬ ‭1:8‬

わたしはアルファであり、オメガである。

ヨハネの黙示録‬ ‭1:8‬

これはまさにマンデラエフェクトが示すように、時間という被造物を造った、人格を持った創造主を示しており、無論、三位一体の一つの位格として、主イエスキリストのことを指している。

「すべての人の目が彼を仰ぎ見る」という御言葉通り、多くの人がまさにこの時間という被造物が創造主の御手によって造られた被造物であるという徴を、マンデラエフェクトを通じて、体験し始めていることになる。

日本的な信仰形態である汎神論や、科学がその背景としている理神論においては、どうしても「創造主」というフレームが理論上存在し得ないため、「パラレルワールド」という形で表現せざるを得ない。

また汎神論をベースにしたニューエイジ 的な信仰においては、「自分の意識の振動数が変わったことで、別の歴史を持つタイムラインに移動した」というように理解する。

しかし、実際のところ今歴史上起きてきているのは、天動説から地動説へのコペルニクス転換のような形で、汎神論から、唯一神論への移行が起きつつあるということではないだろうか。

理論上、計算上は、天動説も地動説もいずれでも矛盾は生じない。しかしその背景にある思想や信仰は全く別のものである。

すべての人が彼を仰ぎ見る

ヨハネの黙示録‬ ‭1:7

確かに多くの人がマンデラエフェクトを体験し始めているし、数学的に考えれば、ある一定の閾値を超えたこれからは、その体験者数は指数関数的に増加していくはずなので、来月の中頃にはさらに多くの人々が気づき始めるのではないかと思う。というのも、2017年3月に「北海道の形を見ていなさい」というメッセージを受け取った後、数週間後に、北海道が見る見るうちに大きくなっていった。そして、次々とマンデラエフェクトが起こり始めた。こうした話をどれだけ真剣に人に伝えても、相手にされなかった。約2年半の間は全くと言っていいほどこの話は通じなかった。あまりに仰天の体験に、半年は、メルマガもブログもかけなかった。マンデラエフェクトを初めて体験して後、半年後のブログを読んでいただければ、いかに僕が混乱していたかがわかると思う。(当時は占い師/ニューエイジャー)

実際に主からは、「2019年前半に死者が蘇る地球になる」というメッセージを一貫して伝えてくださっていたからこそ、忍耐強く、いつかこの2年半続けてきた研究が、誰かの役に立つ、救いになるはずだという思いを持って、孤独の中でも自分を保つことができた。マンデラエフェクトを体験し始めている方は、考えてみてほしい。この体験がだれにも理解されず、2年半も、耐え抜いて、研究してきた孤独を。いつか誰かの役に立つはずだという愛と希望がなければ、難しかった。

しかしようやく数学的に言うと「指数関数爆発」についに差し掛かってきた。主からの2019年前半に「死者が蘇る地球になる」というメッセージの通りに、やはり2019年6月以降、明らかにtwitter上でのマンデラエフェクトの言及が増えてきたのだ。そしてその数は、日に日に増えつつある。わずか3か月の間の沸騰したお湯のような急激な変化は、この2年半の無音、無風状態だった様子と比べて大違いだ。

また、 ちょうど僕自身が洗礼を受けたのも、2019年6月だった。受洗して気づいたが「死者が蘇る地球になる」とは、まさに死と復活を象徴するバプテスマ(洗礼)のことでもあったのだ。

オーストラリア大陸を動かしたのは、自分の意識か?それとも、創造主か? それともCERNなのか?

果たしてどういったパラダイムが、人を謙遜な心にさせるのだろうか?

ここに僕自身が、占い師やニューエイジャー(いわゆる「スピリチャル」)としての人生を全て捨てて、イエスキリストを「我が主」として受け入れた「クリスチャン」になった理由がある。

もし自分の意識が現実を作るのだとすれば、自分は神だということになる。周りも神となり、それぞれ別々の現実を作るのだから、もはや互いに気にすることは無く、気に入った人とだけ付き合えばよいということになる。価値観の合わない人や出来事に対しては、我関せずの「スルースキル」を身に付ければよいのだろう。しかし、これがそもそも格差社会から階級社会へと移行しつつある「社会的無関心」によこたわる思想ではないだろうか?富める者は富み、貧しきものは貧しくなる?それで本当にいいのだろうか?いや、いいわけがない。

しかし聖書は、そうではなく、自分を造った創造主がいると教える。そして忍耐強く、常に深い愛を持って見守っていてくださる。ただただ哀れみの心を持って、一人でも多く救われるために、2000年も待っていてくださっている。日々の私たちを見守っていてくださる。そして、創造主の御子であられるイエス様は、「汝の敵を愛せよ」「右の頬をぶたれたら、左の頬を差し出しなさい」とおっしゃって、迫害するもののために祈り、自らの生命を屠るまで、どんな時でも「非暴力」を守り抜かれ、生き切った。そして、自ら進んで、私たちに「永遠の生命」を与えるために、自ら進んで最も過酷で、唯一無二の「霊的儀式」を執り行った。そして、さらにそこから、創造主が、アダムを造り出したその御業と同じように、自らの肉体を死から生へと再び創造なさった。そして自らが創造主であることを、示された。この途方もない恵みの愛にあずかって、果たして人は傲慢であれるだろうか。

キリスト教は決して、日本人が思ってきたような「宗教」ではない。あくまで最初から最後まで、イエス様との「個人的な関係性」にこそ信仰の本質がある。イエス様は今も生きておられて、私たちが想像もしえないほどの大きな愛で常に見守っていてくださっているのだ。感情的に憎いのであれば、キリスト教という人間の作った組織は、気のすむまでいくら罵倒してもいいと思う。イエス様ご自身はそんなことは気になさらない。ただただ「汝の敵を愛せ」「自らを憎み、迫害するもののために、祈れ」とおっしゃる方なのだ。そのイエス様の愛に救われたからこそ、自らも「汝の敵を愛すること」「自らを憎み、迫害するもののために、祈ること」を決意した人々が、真のクリスチャンなのだ。

パラダイムが変わることで、今まで見えていなかった真実が見え始める。

「見よ、その方が雲に乗って来られる。すべての人の目が彼を仰ぎ見る、/ことに、彼を突き刺した者どもは。地上の諸民族は皆、彼のために嘆き悲しむ。然り、アーメン。 神である主、今おられ、かつておられ、やがて来られる方、全能者がこう言われる。「わたしはアルファであり、オメガである。」

‭‭ヨハネの黙示録‬ ‭1:7-8‬ ‭新共同訳‬‬

マンデラエフェクトの経験者がものすごい勢いで増えてきている。

マンデラエフェクトの経験者がものすごい勢いで増えてきている。やはり意識の振動数が上がってきているんだな。
「目を覚ましていなさい」の御言葉が、まさに形になっているのを実感する。

「だから、どのように受け、また聞いたか思い起こして、それを守り抜き、かつ悔い改めよ。もし、目を覚ましていないなら、わたしは盗人のように行くであろう。わたしがいつあなたのところへ行くか、あなたには決して分からない。」
‭‭ヨハネの黙示録‬ ‭3:3‬ ‭新共同訳‬‬